キャバを卒業後、風俗嬢としてステップアップした「お蝶」による人生回顧コラム!

実録独占コラム 「或るオンナ、お蝶の部屋。」

18歳でキャバデビュー、高級クラブ、そして独立し小さくとも自分の城を構えた三十路オンナはなぜ今風俗に?過去を振り返りつつもあくまでポジティブ、そしてリアルでドラマチックなダイアリー。

VOL.11

初めての仕事と給料に驚愕!私生活と心境にも変化が

初めての仕事と給料に驚愕!私生活と心境にも変化が 無事、面接をクリアして、体験入店することになった私。最初のお客さんは、事務所から車で5分ほど離れた自宅で待っていた。

まずはドライバーさんがお客さんの自宅に行って、料金を受け取る。それから私が訪問する流れだ。このお客さんは40歳で、中肉中背。テレビでよく見かけるある芸人さんに似ていた。

自己紹介を済ませてから私が「シャワーお借りしてもいいですか?」と聞くと、「そんなに焦らなくていいよ(笑)もうちょっと話そう!」と言って、最初の10分くらいはトークを楽しんだ。

肝心のプレイのほうはというと、特別なことは何もなく、彼氏とするような感じ。このお客さんは素股が好きじゃないということで、私は手と口を使って頑張った。お店が用意してくれたバッグの中には、ローションとコンドームが入っていて、面接担当の鈴木さんは「どれもお店持ちだから、ケチらずに使っちゃってOKだからね」と言っていた。

この仕事をするにあたって性病のリスクが正直心配だったけど、ゴムを使えばその都度リスクを軽減できるから安心だ。ローションなんて使ったことがなかったけど、お客さんは「気持ちいい」と褒めてくれた。

あっという間に時間が経って、帰り際に「また指名していいかな?」とお客さん。“ちゃんと仕事ができているか”“失礼がなかったか”と色々不安だったから、お客さんのその一言にとても救われたのを覚えている。この日は4人のお客さんについて、40000円のお給料をもらった。求人に“簡単なお仕事です!”って書いてあったけど、本当にその通りでちょっと拍子抜け(笑)

本入店するかどうかは一旦保留にして、他のヘルスに体入してみた。けど、最初に働いたこのデリヘルが一番稼げたし、お客さんの質も良かった気がしたから、ここに決めた。この日から、私は日給5~10万円を稼ぎ、借金の返済期日にも余裕で間に合った。酷かった浪費癖も、キャバクラを事実上クビになってから少し落ち着いて、貯金もできるようになっていた。

生理中は無理せずに休んで、前から気になっていたネイルスクールに通うことに。お金に余裕ができたことで、支払いに追われていたキャバクラ時代よりも心が穏やかになった気がする。「早くこの仕事に出会いたかった」とさえ思った。借金を完済したらお店を持ちたいという夢もでき、希望に満ち溢れていた。お酒を飲まなくなってから体の調子も随分よくなったと思う。スタイルも少しはマシになったかな(笑)

お蝶のプロフィール
18歳でキャンパスパブデビュー、キャバからラウンジ、高級クラブへと上り詰め、そして25歳で小さいが地元で念願のスナックのオーナーママへ。その後、ガールズバーも1軒経営していたが、経営の悪化によって閉店。30歳を期に華麗なる転身を遂げ、若妻風俗嬢としてデビュー。以降、人気ランキング入りを果たすことに。当サイトにて人生の回顧録のごとくコラムを執筆するかたわら後輩たちへメッセージを送り続ける。

▼「或るオンナ、お蝶の部屋。」コラムバックナンバーを見る▼

VOL.10 / 無事採用となった私はそのまま体験入店をすることに…
簡単な講習が終わった後、「どうですか? 試しに今から働いてみますか?」と聞いてきた。実際にやってみないことにはわからないし、お金がほしいという気持ちも強かったから、「やってみます」と即答した。 「あ…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/43_1486637001.jpg
VOL.9 / デリヘルの面接!29歳ぽっちゃり体型な私も受かるのか?
面接担当の人と駅で待ち合わせしていた私。面接担当の人が「コンビニの近くの…そうです、白い軽のワンボックスです!」と電話をしながら誘導してくれたお陰で、すぐに合流できた。 車の中に入ると「ご応募ありが…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/42_1486636588.jpg
VOL.8 / 求人サイトで見つけた「風俗」で働くという選択肢。そして面…
事実上、キャバクラを辞めた私は、家に引きこもっていた。この手持ちのお金がなくなったら生きていけないとはわかっていても、街に出かけたら服やバッグを買ってしまうかもしれないという不安があった。でも、のんび…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/41_1486636216.png
VOL.7 / 遂にドクターストップ…これからどうなってしまうの?
大学を辞めてからも、寝る間を惜しんで営業に励み、同伴もアフターも積極的にした。すべては欲しいものを買うため…いや、借金返済と貯金のためだ。睡眠時間は4時間あればいいほうだった。でも、そんな生活を続けて…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/40_1486635921.jpg
VOL.6 / 大学卒業間近! 就活をしていなかった私の決断
浪費癖が悪化して、大学を卒業するころには借金もあった。支払いに追われて就活する余裕もなく、キャバクラで働きながら大学の単位を取るのに精一杯。とにかく留年だけはしたくなかったから、睡眠時間を削って気合い…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/39_1486635592.jpg
VOL.5 / 同伴・アフターのリスク。お店の人は守ってくれない!「無理…
最悪という意味で忘れられないのがTさん。Tさんは同伴で必ずカラオケに行きたがる。カラオケでエッチなことをしようと思ってるのが見え見えだったから、色んな理由をつけて居酒屋にしてもらってたんだけど、ある日…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/38_1486635327.jpg
VOL.4 / 太客争奪戦!「嫌がらせ」「指名替え」で人間関係が泥沼化
私にとって初の指名客であり、私が退店するまで週1回のペースで来店してくださったNさんは、あるベンチャー企業の社長さんでした。時々テレビにも出る人で、知ってる人は知ってるかも? というちょっとした有名人…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/37_1486635064.jpg
VOL.3 / キャバ嬢あるある!?やめたいけどやめられない「浪費癖」と…
キャバクラの前は、どこにでもある居酒屋のチェーン店で働いていました。繁華街にある居酒屋だからお給料は決して悪くなかったけど、キャバクラに比べたら…ね。あのころは欲しいものがあっても我慢するのが当たり前…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/36_1486634789.jpg
VOL.2 / 枕営業の体験談。実際やってる女の子多いよね?
キャバクラのお客さんが体の関係(枕営業)を求めてきた時、みなさんならどうしますか? 受け入れますか? スッパリと断りますか? 私は、受け入れるでもなく、断るでもなく、「もっと仲良くなってから」「好…もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/35_1486634179.jpg
VOL.1 / 罰金、ノルマ、支払いに怯える日々…私を悩ませる「金」の問…
私が勤めていたキャバクラは無断欠勤だけじゃなく、お店に連絡したとしても当日に休むとなると罰金が発生した。急病であっても当日欠勤としてみなされるから、出費が多い月に体調を崩すと本当に憂うつだった…。 …もっと詳しく見る>>http://www.smilepj.com/columnimg/34_1486633892.jpg

▲ PAGE TOP ▲